失敗学のすすめ

06.19

畑村洋太郎さんの書かれた本。
 
先日、ランチェスター経営戦略の勉強会で
クレーム対応の話しが出たときに思い出し、
久しぶりに読み直しました。
 
 
 
以下要約箇条書き
 
********************************
失敗の法則性を理解し、失敗の要因を知る。
致命的なものになる前に防止する術を覚える。
 
失敗を経験(疑似体験含む)しそこから学ぶ
 
失敗の原因はいくつ物要因が重なっており、
それらの要因には階層性がある。
 
失敗原因の分類
1.無知 2.不注意 3.手順の不順守 4.誤判断 
5.調査検討不足 6.制約条件の変化 7.企画不良
8.価値観不良 9.組織運営不良 10.未知
 
失敗情報の正しい記録
1.事象 2.経過 3.原因 4.対処
5.総括 6.知識化 7.データベース化
※知識化=失敗経験から学んだ教訓や知恵
 
失敗者の心理を知ることが、致命的な失敗を
起こさせない対策を考える上で重要
 
*********************************
 
今までは、お預かりしたものを誤配しない仕組を
作ってきましたが、もう一度考え方を改め、
 
仮に誤配しても、配達終了時に発見し、
調べることができるような仕組をルール化する
ことができました。
 
 
 
ありがとうございます。
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せは

076-267-0645

お気軽にお電話下さい♪

おすすめ記事

革グラフィティー

TV放送 ダイジェスト

ページ上部へ戻る