ニュースレターの作り方 その2

06.17

公告2
 
ニュースレター(以下NL)の内容についてです。
 
 
まず、NLを書く目的は「お客様に好かれて、
気に入られて、喜ばれて、忘れられない」よう
にするためです。
 
 
そこで、紙面の構成要件とウエイトは
 
信頼・親しみ作り 53%
地域関連     27%
感謝       13%
売込み       7%  
 
を目安に書いています。
 
 
ピンとくる方もおられるかと思いますが、
ランチェスター経営戦略です。
 
というのも、ここら辺はランチェスターマネジメント
金沢の小嶋先生の受け売りだからです。
 
 
 
ここからはボクの解釈も入ります。
 
親しみ作り53% というのは、ご理解いた
だけると思いますが、
 
地域関連27%というのは、当店が地域戦略
で地域を絞り込んでいるからです。
 
 
ですので、地域・客層・商品によっては、ここには他の
ものが入ってくるのかもしれません。
 
 
そして、感謝13%というのもなんとなく分かるかと
思います。感謝は大切ですもんね。
 
 
さて、売り7%です。
 
(ここは、ランチェスターを勉強されている方にしか
ご理解いただけないかもしれません。)
 
 
商品やサービスの料金であるとか、広告は7%に抑えます。
 
 
あくまでもNLです。目的は「好かれて、気に入られて、
喜ばれて、忘れられない」ことですので、ここは抑えます。
 
 
逆に、売込みが全くないのも不自然なので、7%ほど入れ
ておくという感覚です。
 
当店のNLでは、1行20文字ほどの売込み文を、記事の
欄外に5、6個入れている程度です。
 
当店では、A4の広告を数回ポスティングするよりも、
NLの欄外に1行広告を半年間入れ続けたほうがサービス内容
の浸透度・認知度は高まりました。
 
 
 
あと、たまに聞かれるのが、ラーメン屋さんめぐりとか、
料理のレシピとか記事にしていいのか、いけないのかです。
 
これは、記事スペースを埋めるため、というのであれば
書かないほうがいいと思います。
 
書いてもいいのは、ラーメン好き(料理好き)である
自分の人間性や情熱がさらけ出る場合ならありかなと。
 
これも、何回も言いますが、
「好かれて、気に入られて、喜ばれて、忘れられない」
ためのNLだからです。
 
 
当店のNLには表面が「家庭でできる洗濯関連情報」、裏
面が「子供と遊びに行ったこと」を書いています。
 
 
 
最後に月並ですが、最も大切なことは続けることです。
続けると本当にお客様との距離が縮まるのを実感できる
と思います。
 
 
以上、NLの内容について でした。
 
明日は文章についてボクが参考にした本を紹介したいと
思います。
 
ありがとうございました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問合せは

076-267-0645

お気軽にお電話下さい♪

革グラフィティー

TV放送 ダイジェスト

ページ上部へ戻る